最新の活動

松尾祭とは?

古くは松尾の国祭と称せられており、3月中卯日に出御、4月上酉日に祭礼となっていましたが、明治以後4月下卯日に出御、五月上酉日に還御となり、さらに昭和36年からは、4月20日以後の第一日曜日に出御、それから21日目の日曜日に還御となっています。

出御祭には松尾七社(大宮社、月読社、櫟谷社、宗像社、三宮社、衣手社、四之社)の神輿(月読社は唐櫃)が、ご本殿のご分霊を受けて、拝殿を三回まわった(拝殿廻し)後、順次社頭を出発し、松尾・桂の里を通って桂離宮の東北方から桂川を船で渡り、左岸堤防下で七社勢揃いし、古例の団子神饌を献じた後、四基の神輿と唐櫃とは西七条御旅所に、二基の神輿は川勝寺と郡の末社に至り、そこに駐輦されます。

還幸祭には、三御旅所に駐輦されていた神輿と月読社の唐櫃とが、西寺跡の「旭の杜」に集合し、ここで古例による西の庄の粽の御供、赤飯座(あかいざ)の特殊神饌をお供えして祭典をした後、列を整えて 途中朱雀御旅所に立ち寄り、ここでも祭典、次いで七条通りを西に進み、西京極、川勝寺、郡、梅津の旧街道を経て、松尾大橋を渡り、本社に還御されます。

この還幸祭は神輿渡御祭の中心で、今でも氏子中で「おかえり」と言えば、この祭を意味します。本社でも本殿、楼門、社殿、各御旅所の本殿、神輿から供奉神職の冠・烏帽子に至るまで、葵と桂で飾るので、古くから「葵祭」とも言われてきました。

賀茂両社の「葵祭」は観光名物としてあまりにも有名ですが、秦氏との関係の深い当社や伏見稲荷大社にも実は同様の伝統が存在しています。

この還幸祭には、いずれも吉祥院地区から二組の稚児が「榊御面(さかきごめん)」の役を奉仕する例で、男女の面をつけた榊の大枝を奉持して先導役を務めます。また還幸祭には下津林地区から選ばれた稚児が「松尾使い」として奉仕します。

松尾大社HPへリンク

Share
About 安井義幸 (8 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About ichiro (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About karri35u5118 (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About hubertatchley30 (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About karolinmobsby91 (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About finalscalculator5 (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.
About bukaczaczskas (0 Articles)
The author has not yet added any personal or biographical info to his author profile.